札幌駅居酒屋かけはし北二条店ブログ

ホーム北海道の美食学北海道の海産北海道の高級魚「きんき」「めんめ」は正式名ではない?金目鯛との違いを徹底解剖

北海道の高級魚「きんき」「めんめ」は正式名ではない?金目鯛との違いを徹底解剖

ブログ

北海道の高級魚「きんき」、地方によっては「めんめ」と呼ばれる魚があります。でも実は正式名ではないのはご存知でしたか?

今回は「きんき」について徹底解剖!さらに間違われやすい金目鯛との違いも教えちゃいます。

地元民がおすすめする美味しい食べ方もご紹介するので、最後まで読み進めてみて下さいね。

きんきの正式名称

北海道ではきんきの名で親しまれている魚、正式な名称を「きちじ」と言います。釧路市などの道東地域では「めんめ」と呼ばれ、アカジ(東北、茨城県)、メイメイセン(釧路)、メイセン(岩手県)等地域によって呼び方が様々。

皆さんにとって馴染みのある名前は実は地方の呼び方だったのです。

きんきの産地

きんきの産地は主に、北海道、青森、岩手、宮城、福島が大半を占めています。

その中でも水揚げ量が最も多い所が北海道で、有数のきんきの産地が北海道の羅臼。

オホーツク海側と太平洋側に分布しています。水深150~1200mの大陸棚斜面に生息しています。旬は冬とされています。

きんきの特徴

大きな目と口をもつ真っ赤な魚体で脂の乗りが非常に良く、とても美味な高級魚として取引されています。

肉質は柔らかく脂がよく乗っているため、焼魚、鍋、煮魚として食べられています。また、たんぱく質よりも脂肪分の方が多い珍しい魚です。

きんきは北海道で捕れる魚の中でも値段が高いものとして知られています。

北海道産のブランドきんきだと、サイズにもよりますが大きいものだと1匹3500円~4000円ちかくの値段で販売されています。

きんきと金目鯛との違い

キンキと金目鯛は見た目上よく間違われやすいですが、全くの別物です!

金目鯛との違いはあるの?

参考画像:今日の黒門三平ブログ

きんきと金目鯛は全くの別物!それぞれの違いを知ってみましょう。

■金目鯛(キンメダイ)

金目鯛:キンメダイ科。

主な産地は駿河湾~相模湾の関東

魚体が赤で金色の目が特徴です。

金目鯛を見てまず目につくのが、その朱色の肌と、金色に輝く大きな目。

■きんき

きちじ(喜知次):カサゴ科

産地は北海道や東北地方。

きんきと金目鯛の見極め方

見た目:金目鯛は白目の部分が濁っていますが、キンキは透明に近い色合いです。

値段:金目鯛 1尾 1200円前後に対し、北海道産きんき 1尾 3500円前後で圧倒的な差があります。

なぜ「きんき」は高級魚なの?

昔は港町でよく食べられていた白身魚でしたが、現在では漁獲量が激減し、希少価値のある高級魚として取り扱われるようになりました。

近年、キンキの漁獲量は40年前の10分の1に減ったようです。

原因の一つに「底引き網」とされており、キンキは大きくなるまで三年から五年必要とします。

東北太平洋岸では7月と8月の休漁期間を除き、この海域をおよそ一万回も底引き網漁船が通過し、この頻度で底引き網をし、キンキが大きくなる暇がないと言われています。

地元民がオススメする「きんき」の美味しい食べ方

では、希少価値があるから高いのか?いやいや、そうではありません。「きんき」はめちゃくちゃ美味しいです!!

きんきに食べ慣れている北海道の地元民がおすすめする食べ方として、

キンキ鍋

キンキの煮付け

焼き魚

この中で店主の一番のオススメの食べ方は「焼き魚」として食べることです。

冒頭にも説明した、きんきは非常に脂が乗っている魚です。脂がノリすぎて醤油がすぐになくなってしまうくらいなんです!!

焼き魚でも白身そのもの味がしっかりしているので、醤油をかけて食べるだけでとっても美味しいのです。

この味を感じると「高級魚」と呼ばれる価値がわかります。

興味を持ったらぜひ一度御賞味いただきたい味ですね。

まとめ

「きんき」「めんめ」は地方の呼び方で「きちじ」という正式名があります。高級魚として扱われますが、高級魚にふさわしい味わいがある魚。

産地の「きんき」食べてみたいという方はぜひ「かけはし」通販サイトよりお買い求めください。